090-8508-1099
お問い合わせ

栃木で創業融資のご相談なら【石山明公認会計士事務所】

栃木で創業融資に関するご相談でしたら石山明公認会計士事務所へお問い合わせください。初めて開業される場合、創業融資の疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることでしょう。石山明公認会計士事務所は創業融資にお困りの方を精一杯サポートさせていただきます。初回相談は無料となっておりますので、まずは一度ご連絡ください。

知っておきたい3つの事業承継パターン

栃木で事業承継にお悩みなら無料相談ができる石山明公認会計士事務所までお問い合わせください。

自己資金なしで起業の融資をを受けたい場合は、石山明公認会計士事務所までご相談ください。自己資金なしで融資の申請が行える制度をご紹介しております。

事業を次の世代に引き継いでいく場合、事業承継の方法には主に3つのパターンがあると言われています。自社にどのような選択肢があるのかを検討するためにも、これらの事業承継パターンについて把握しておきましょう。

親族承継

事業承継で第一の選択肢となるのが、親族承継です。この場合、現経営者が所有している自社株式は譲渡または贈与どちらかの方法で移転することができます。親族承継は、事業を子供や子供以外の親族に継がせるというものです。

日本の企業はほとんどが中小企業ですが、かつては親族承継の割合が非常に高く、親が自分の事業を息子に継がせることが自然に行われていました。しかし近年では、子供や親族が事業を引き継ぎたくないと考える割合も高くなっており、親族承継が困難となっています。

親族以外による承継

両手をクロスしてバツを表す人物

事業を子供や子供以外の親族に継がせるのが難しい場合に多いのが、その会社の役員、従業員の中から後継者を選ぶというものです。従業員であれば、その企業のことがわかっているので、承継が成功する可能性も高いでしょう。既存の取引先にとっても安心できるというのが大きなメリットになります。

ただし、親族以外の場合、贈与という形で自社株式を移転させることができないため、後継者は自社株式を買い取るための資金を用意する必要があります。

所有と経営の分離

親族以外が事業を承継することが決定しても、後継者が自社株式を買い取る資金を用意することが困難なケースもあります。その場合、自社株式の移転は行わず現契約者が株主の立場にとどまり、経営は後継者に任せるという形式をとることも可能です。

会社の所有者と経営者が別々になると、資金運用や相続が発生した場合の対応などで問題が発生することもあるため、経営コンサルタントへ相談しながら事業承継を進めることをおすすめします。石山明公認会計士事務所は、所有と経営を分離させるパターンでの事業承継にも対応可能ですので、ぜひご相談ください。

M&Aによる承継

握手をするスーツ姿の人物

親族でもなく親族以外の従業員でもない、完全に第三者に任せるということです。自分の親族、さらに従業員などにも適任者がいない場合には、そのまま放置すれば廃業する恐れがあります。

それを防ぐために、M&Aにより第三者に対して事業を引き継いでいく方法があります。広範囲から適任な人材を探すことができるというメリットがあります。

いずれの方法を選ぶにしても、事業の引き継ぎには時間がかかりますので早めに対策を行いましょう。栃木で事業承継問題に関することなら、栃木県那須塩原市にある石山明公認会計士事務所にご相談ください。円滑な事業承継によって企業の事業価値を後継者にしっかりと引き継ぎ、事業発展を実現するためのお手伝いをいたします。

事業承継問題の他、事業計画策定支援や補助金申請支援なども行っています。栃木の事務所へ来所相談を希望される場合は、事前にご連絡いただけますとスムーズです。

栃木で事業承継のことなら石山明公認会計士事務所

事務所名 石山明公認会計士事務所
代表 石山明
保有資格 公認会計士、中小企業診断士
住所 〒325-0075 栃木県那須塩原市春日町121−178
TEL 090-8508-1099
事業内容 ・創業融資
・事業計画策定支援
・補助金申請支援
・財務顧問
・クラウド会計導入支援
・経営力向上計画策定支援
・経営改善計画策定支援        
・事業承継計画策定支援
URL https://ishiyama-kaikei.com/
2019.11.14 Thursday